お皮膚は過救済に打ち切るほうがいいかも・・・

わたしは、ピアノや電子オルガンなどの鍵盤楽器の貯金があり
そのためか、相変わらず爪の管轄はきちんとしています。
どういうことかというと
最少、3太陽に一度は爪切りしないと気がすまないのです。

ですから、爪を伸ばした経験はありません。
ネイルのお客は、目立たない色を選んで
自分で行っていた一時もありますが
今日流行りのタイプは、程遠い商品でした。

ところで、爪切りのように手入れする機会が多くなると
次第にテンポ化して出向くかもしれません。
切っても切っても伸びて出向くというか
白いゾーンが徐々に食い込んで「深爪」になるのです。

一方、表情にある「産毛」は・・・というと
表情にボツボツができ易いこともある結果
絶えずそのままにしてある。

やはり、お肌への負荷を考えて
洗顔をするときは、なにも使わずに「お湯」だけで済ませます。
仮に、おメーキャップをしていたらお肌の手入れも気になりますが
今日は、自然に任せて掛かる状態です。

このようなこともあり
お肌のケアをしたり、ムダ毛の処理をすることは大事ですが
過救援に打ち切るほうがいいのかも・・・といった
自分なりの注記をしています。http://www.ing-bn.com/