味付けは、やはり「薄め」にするのがポイント

ふだん、コーヒーや紅茶を飲まない人は、どれくらいの濃さがいいのか迷うことも少なくありませんね。
また、それらを日常的に飲んでいても、味付けの好みは人によっても異なりますので、来客時の接待に戸惑うことも無理からぬことです。

料理の味付けの場合も同じことがいえます。
むしろ、料理のほうがやっかいになるかもしれません。
もし、好みに合わない場合は、せっかくつくった手間も含め、すべて台無しになるため、コーヒーを淹れるのとは比べものになりませんね。

このように、飲食物の味付けには好みがあるため、大勢の集まりのときは、自分で味付けができる鍋や焼き肉などがお勧めです。

また、お菓子をつくるときは、お肌への影響も考えて甘さを控えめにするほか、材料の素材を活かす方法もあります。
たとえば、「プリン」といえば市販の甘いプリンが思い浮かびますが、裏ごしした「さつまいも」などを入れて自分でつくると、食物繊維も摂取できて大変ヘルシーです。

もし、市販のプリンを食べるときは、カラメル部分を残すことで、少しですがカロリーを抑えることにもつながります。肌が弱い人のための専用化粧品がこれ