寒さ対策には、足元を温めることがお勧め!

「頭寒足熱」ということばがあるように、足元を温めると血液の循環がよくなるといわれています。たとえば、就寝時にアンカを使うときは、足元に置くことがポイントです。そのとき、足を伸ばした状態で、足に直接触れない距離に置くことも大切です。

また、入浴が難しい患者さんの場合、足湯をする方法があります。大き目の洗面器にお湯を張り、15〜20分くらい足を入れるだけです。お湯の温度は38〜40度くらいですが、冷めてきたときの「さし湯」のため、最初からたくさん入れないことも大切です。

こちらの方法だと、ベッドの上で寝た状態でもできるため、患者さんの体への負担も大幅に軽減が可能です。

最近は、暖房機器にもいろいろなタイプがあり、足湯を思わせるような商品も人気になっています。こちらは、電気コードをコンセントにつなぐだけで、お湯の用意もいらないため、さらに簡単・便利です。

なお、「温泉地」のなかには、気軽に「足湯」が楽しめるところもありますので、お出掛けのときは、調べておくことをお勧めします。http://www.mismo-shop.com/