明るすぎる広間では眠れないかも・・・

ナチュラル睡眠に入るためには
自律神経のひとつ「副交感神経」の成果が優位になることが必要です。
また、そのスタイルがナチュラル形で訪れると
まわりの雰囲気は関係なく、寝つけるようになります。

しかし、ベッドに入っても、依然、寝つける状態に無いときは
まわりの小さなことでも気になります。
例えば、アラームの秒針が動く音調や、換気扇の音調
水道の水手ぬかりが心配なときは、ポトポトという音調・・・
一際、些細なことでも気に掛かるのです。

無論、明るすぎる広場だと、熟睡の障りにもなります。
一段と、枕の高さや、掛布団の重さなど
眠れないときは、まわりの一律が気になる対象になります。

このような事態を除けるためには
広場の光源をなるたけ洗い流すことが大切です。

勿論、ベッドに入ってからのテレフォン収拾は絶対にだめ。
こちらがNGなのは、スクリーンの明るさだけでなく
メルアドの回答などが気になって、内心が落ち着かないことも
おおいに関係していると思われます。

そばや仲よしとの押し問答も大切ですが
そのために熟睡不完全になっては
身の回りに不具合を大きなきたしてしまいますので
ここは、思い切って遠ざけることをお勧めします。http://www.td-dvd.com/